【レポート】2016.9月定例勉強会 【コーチとして必要なもの~ヒプノセラピー(催眠療法)のスキルを併用し、信頼されるコーチに~ 】

09.18

昨日(2016.09.17)は定例勉強会でした。今回は会員の ししど まどか (Madoka Shishido)さんを講師に迎えて、 Jca東北チャプター定例勉強会 【コーチとして必要なもの】というテーマで開催いたしました。

以前から興味があった催眠療法を軸に、コーチングとの関わりにも触れていただく内容で、NLPの手法なども解説していただきながら、顕在意識と潜在意識の違いについてなどを学びました。

昔TVなどで見た「あなたは、段々、眠くなる~♪」という催眠術と催眠療法は全く違うものだそうです。

催眠療法は何かを強制するのではなく、咲いての意思を尊重し、(お互いの)無意識と無意識が共鳴する状態をつくりだしながら、相手の潜在意識と対話していく、という言葉が大変参考になりました。

で、最後は楽しく記念写真!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る