【ご案内】2017.02定例「南米アチュア族の村を訪ねて僕がわかったこと」

02.06


もしも携帯やネットがなかったら?

もしも、この世から、
携帯電話やインターネットがなくなってしまったら、
私達はおおいに慌てて、とても困ってしまうことでしょう。

精密な機器を必須とする情報化社会の中で生きている私たちは、
生活の重要な部分をモノと仕組みに頼っていることがわかります。

ですが、広い世界には、電気もなく、道もなく、
新聞も携帯もTVもないところで、
豊かな精神世界を保ちながら暮らしている人たちがいます。

アマゾンに生きる先住民「アチュア族」

当会 会員の近藤信勝コーチは、
昨年、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムのプログラムに参加し、
エクアドルの先住民「アチュア族」の村を訪ねました。

そこで実際に感じたことは、
違和感のない居心地のよさであり、
「守られている」という不思議な感覚でした。

そのわけは・・・?

今回は、近藤勝信を講師にお迎えして、
エクアドル先住民(アンデス高地とアマゾン熱帯雨林)ツアーのお話を伺い、
私達の夢と幸せを考えます。

 

【「アチュア族」の村を訪ねて僕がわかったこと】

~エクアドル先住民とアンデス高地とアマゾン熱帯雨林ツアー体験談~
期日 2017年2月18日(土)
時間 13:30~16:30
場所 戦災復興記念館 (MAP)
会費 一般2,000円 (会員1,000円) ※どなたでも参加できます
内容 限りなく自給自足/日本でいえば江戸時代/アマゾンは豊かな土地ではなかった!/料理がうまい、違和感がない/スマホがなくても生活できる/守られている不思議な感覚 など(順不同)
申込 このページの下にあるフォームよりお申し込みください。
※終了後に懇親会を予定しています(詳細は当日決定)

 

近藤勝信さんのプロフィール

近藤勝信さん
(近藤コーチ事務所代表/プロコーチ、当会監査、福島県棚倉町在住)

STトレーナー(職長等教育講師)、主任内部環境監査員(JACO)、ISO9001内部監査員(グローバルテクノ)、CEAR登録環境審査員補、2005/7~2013/9まで(財)生涯学習開発財団認定コーチ
・銀行員を経て大手製造業にて管理部門を担当。その後、株式会社テルセーラを設立し、コンサルティング・コーチング・コーチング研修事業を継続するも、60歳を機に人生を見つめ直す。シンプルでナチュラルな生き方を決意して、代表取締役を務めていた株式会社テルセーラをたたみ、現在は近藤コーチ事務所代表として、自然の豊かな福島県白河地区で充実した日々を送っています。

 

お申し込みはこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る