【レポート】2017.2.28「南米アチュア族の村を訪ねて僕がわかったこと」(講師:近藤信勝コーチ)

02.20

2月の定例勉強会のご報告です。

今回は、昨年セブンジェネレーションズのプログラムに参加して、アマゾンの奥地に住む先住民 アチュアル族の村を訪ねた 近藤 勝信 (Katsunobu Kondo)コーチの体験談と報告会でした。

近藤コーチの解説付きで動画を視聴たり、膨大な写真を見せていただきながら、参加者もツアーを疑似体験しました。

私が驚いたのは、アチュアルの皆さんのおうちは、屋根と柱だけで壁がまったくないこと!
私の感覚からすると、公園にある東屋を広くして、わずかな家具と煮炊き用の窯があるだけのような感じ?
プライベート、なさすぎ!風通し良すぎ!ですが1軒1軒が遠く離れていることや、アマゾンは雨が降らないとほとんど風がない、など、現地に行った方でないとわからないお話が満載で、全員が画面にくぎ付けの3時間でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る